Halmek Ventures, Inc. is founded to accelerate incubation of new businesses to activate women over 50.

事業について

事業領域

ヘルスケア商品・サービスとそのデータ活用という成長領域で事業を行なっています

Healthcare×PHR/Big Data×Deep Learning

国の財政が逼迫する日本において、予防医療の普及や健康経営により、医療費を削減することが求められています。その中で、私たちは、シニア発で使いやすく、新しいコンセプトのヘルスケア商品・サービスを開発・販売しています。更にこの商品で得られるデータを活用することで、日本、そして世界を健康にすることに挑戦していきます。

おうちでドック
“ 自宅で受けられる人間ドック ”

自宅で受けられる人間ドックイメージ画像

商品概要

おうちでドックは、自宅などで少量の血液と尿を採取して、腫瘍マーカー検査(p53抗体、PSA(男性のみ)、CA15-3(女性のみ))と14項目の生化学検査を行なうことができる、郵送検査キットです。専業主婦、フリーランス、派遣社員、自営業者、シニア、訪日客など、時間や価格などを理由に人間ドックが受けられない方々のリスクチェックを目的として開発しました。検診を受けるハードルが高い方向けにサービスを提供しており、検査+健康相談+医師相談の日本初のヘルスチェック~アフターフォローのワンストップソリューションを通じて、意識変容と行動変容を導きます。

特徴

#01

リスクをチェックできる疾病のカバー範囲は人間ドック並み

リスクチェックできる疾病

乳がん、子宮がん、大腸がん、糖尿病、動脈硬化、腎疾患、ピロリ菌、胃粘膜萎縮

前立腺がん(男性のみ)、食道がん
肝臓疾患、通風、尿路結石、脂質代謝異常、肥満、栄養障害など

#02

病院で行なう腫瘍マーカー検査、生化学検査、ピロリ菌検査を
郵送対応化したので、検査精度は同等

#03

検査後のアフターフォローを充実させ、検査結果の理解促進と行動変容を促す仕組み

おうちでドックは、自宅などで少量の血液と尿を採取して、腫瘍マーカー検査(p53抗体、PSA(男性のみ)、CA15-3(女性のみ))と14項目の生化学検査を行なうことができる、郵送検査キットです。専業主婦、フリーランス、派遣社員、自営業者、シニア、訪日客など、時間や価格などを理由に人間ドックが受けられない方々のリスクチェックを目的として開発しました。検診を受けるハードルが高い方向けにサービスを提供しており、検査+健康相談+医師相談の日本初のヘルスチェック~アフターフォローのワンストップソリューションを通じて、意識変容と行動変容を導きます。

「おうちでドック」ロゴ 「おうちでドック」商品サイトはこちら

認知機能低下リスク評価サービス
“ 検査負担“ゼロ”検査 ”

認知機能低下リスク評価サービスイメージ画像

商品概要

認知症は2025年までに65歳以上の高齢者の5人に1人が罹患するとされておりますが、未だ抜本的な対策は見出されていません。一方、早期に介入・対策を講じることで認知機能の低下が穏やかになり、発症を遅らせることが可能であることが分かっています。当社では、大学で研究・開発された理論を基に(※1)、「検査負担を限りなくなくし」「医療や対策へのアクセスを早める施策」として、健康診断の一般血液検査データをインプットし深層学習することで認知症診断に用いられる定番のスケールである「ミニメンタルステート検査(MMSE)」のスコアを推定し、認知機能の低下リスクを判定するサービスを事業化、サービス提供しております。

特徴

#01

検査負担”ゼロ”の検査

検査負担”ゼロ”の検査のイメージ画像

通常検査は血液を採取したり、画像を撮ったり、問診したり、テストをするなどして行いますが何らかの身体的・精神的負担がかかるものです。今回の認知機能低下リスク評価サービスは、皆さんが年1回受けている健康診断の一般血液検査結果を用いてリスク評価を行います。年齢、性別、血液検査の情報を取り込みディープラーニングさせることによって認知機能低下リスクを判定しますので、検査の新たな負担がなくリスクチェックが可能な画期的なヘルスチェックサービスです。


お問い合わせはこちらから

(※1)本リスク評価サービスは、東京大学大学院 新領域創成科学研究科 人間環境学専攻酒谷薫特任教授らの発明・研究をベースに事業化したものであり、深層学習アルゴリズムは、発明者の東京大学酒谷薫教授が顧問を務める(株)医光ヘルステクノロジーズ社から提供を受けております。